プロフィール

松田耕一
ホームページ
  

松田耕一 
KOICHI MATSUDA

株式会社SENSE(センス)代表取締役

大手外資系アパレル会社に入社し、全国1位のトップセールスマンに。その後、店舗マネージメント、店舗開発、MD責任者などを歴任。

201011月に株式会社SENSEを設立。
20113月に通所介護事業所「デイサービスハース」開所し、その後、訪問介護事業、居宅介護支援事業へ事業を拡大。

201410月、経営アドバイス事業をスタート。これまでに20社以上の介護経営者の支援を行う。

20153月には、主に重症心身障がい児を対象とした、児童発達支援・放課後等デイサービス事業所「チャイルドケアハース」を開所。
2017
10月には、企業主導型保育園「チャイルドケアハースアカデミー」を開園。
介護だけでなく、福祉領域の事業も展開し、会社を順調に成長させる。

メッセージ

1社でも多くの企業に「地域でイチバン」と言える企業になってもらいたい。

介護福祉業界に一石を投じようと、志高く起業したのに、フタを開けてみると人材採用や育成、行政対応に追われてしまい、企業繁栄へ注力する暇もなく、志半ばで廃業、閉所を選択する経営者の方々を見てきました。
そんな状況を目の当たりにする中で、同じ境遇の介護福祉経営者の方々と、中小零細企業の生き残る道を共に考え、繁栄させるお手伝いがしたいという願望が溢れ出てきました。
私は、異業種より介護福祉分野に参入し、バックボーン、ネームバリューを借りずに「どこまで自分の力でできるか?」を試してきましたが、異業種で培ったスキル、経験は介護福祉事業に活かすことができると感じています。
特に「運営」「営業」「人材育成」「ブランディング」のノウハウは、介護福祉事業で実績を出すために必要なものだと考えています。
介護福祉サービスを多角的に捉え、経営やサービスに必要なスキル、考え方をお伝えすることで、1社でも多くの企業が「トップオブローカル」、地域でイチバンと言える企業になってもらいたいと考えています。